月夜に笑う**れお**
beradesuyo.exblog.jp
シンプルに生きる
Top
<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
*
*
2016年 03月 07日 *
淡水を後にして、車に乗り込むや否や大爆睡の私たち。

気がつけば、そこは九份でした。


f0201657_18120519.jpg




ここは元炭鉱で9戸の家があって、食料でも何でも9戸で分け合ったので「九份」と言うそうです。

今は押すな押すなの観光地。

まずは狭い狭い、人一人すれ違うのがやっとの狭い通路をどんどん下りて行きます。

通路の両側には小さな小さなお土産物屋さん、飲茶屋さん、お茶屋さんなどが隙間なく並んでいます。

呼び込みも激しくて、どうして日本人だと分かるのか不思議なんだけど、かなりの確率で日本語で呼び止められました。


f0201657_18120533.jpg




下りて下りて、はい、ここがメインの「阿妹茶楼」

ジブリ「千と千尋の神隠し」の舞台となったと言われる建物、湯屋です。

湯婆ばは、いません(笑)


f0201657_18120681.jpg




実際は湯屋ではなく、お茶屋さんです。

そして、日本人はほとんどここで捕まります(笑)


f0201657_18120686.jpg




私たちも例外ではなく、二階に案内されてお茶を飲みました。

お味は普通。別に飲まなくても良いけど、雰囲気を味わうのならいいかもしれません。


f0201657_18120645.jpg




こちらが「カオナシ」のモデルとなったお面だと言われています。

このお面は、ちょっと欲しいかも・・・


f0201657_18120734.jpg




お茶を飲んだら後は下るだけ。

下って下って、下から見上げる風景は、こんなもん。


f0201657_18120767.jpg





道の脇には、気持ちよさそうに眠る犬。私も眠い・・・


f0201657_18120797.jpg




ここが出口、「九份」でした。


f0201657_18120894.jpg




この後は市内へ戻り、「彭園湘采館」にて湖南料理を。

特筆するほどのことは、なし(残念!)

ここも美味しいんでしょうけど、何しろメニューを選ぶ余地がないので面白くないのです。

何度も言うけど、店はともかく、料理は自分の目とその時の胃袋と嗅覚で選んだ方が、旅は絶対楽しいと思う。

食事の後はホテルに戻り、夫から「絶対行け!」と言われていた足ツボマッサージへ行きました。

店名は「元気」

ホテルのすぐ裏にある良心的なお店です。

ものすごく、ものすご〜〜〜く、イタ気持ちよかった〜〜〜〜〜〜〜!

何しろ毎日1万歩以上歩いてるからね。

70分、ついウトウトしちゃったよ。

台北「元気」、ここはお勧め!

ホテルから予約を取ってもらうと、割引券がもらえます。













[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-03-07 18:09 | | Comments(4) *
2016年 03月 04日 *
今回楽しみにしていたのが「故宮博物院」でした。


f0201657_20424308.jpg






死ぬまでに行きたいところ、バチカン、ローマ、ベネツィア、ルーブル、大英博物館、エルミタージュ美術館と、そして故宮博物院。

やっと一つ願いが叶いました。

私、中国の歴史は好きです。映画やドラマもそこそこ観ます。嫌悪するのは共産党。

韓国は元々が中国の属国であり、その歴史も近年作られたもので誇張や捏造が多いけど

4000年の歴史、文化は、さすがに本物です。

映画は「レッドクリフ」が大好き!

だから故宮博物院が楽しみでした。今回の旅のメインです。

蒋介石が大陸から逃げる時持って出た至宝の数々をじっくり見ようと、朝からハリキリマン。

大勢の観光客が押し寄せることは必至なので、月曜朝一でGO!

広い館内は、書画から太古の器、翡翠まで、よくまあこんなに持ち出せたものだと感心するほど多種多様。

残念だったのは、有名な「翡翠の白菜」が新しく出来た分院に出張中で見れなかったこと。

もう一つの残念だったのが「翡翠の豚肉」で、一緒に回った大陸から来たと思しき男の子がいつまでもそこから離れず

しかも親と間違われた私は、その子と一緒に追い立てられてしまったこと。

ちらっとしか見れなかったぜ(ちっ!)


f0201657_20424563.jpg




館内撮影禁止なので写真はないのですが、まあまあそこそこ堪能したのであります。

唯一ミュージアムショップで購入した「99.9%純金の鳳凰の画」と皇帝の衣服にのみ許された「シルクの昇り竜」が記念かな。

こちら、只今額装に出しておりますので出来上がりましたらアップしたいと思います。


f0201657_20424413.jpg




故宮博物院の後は、郊外に出て淡水へ。

こんな感じ。


f0201657_20424534.jpg




f0201657_20424649.jpg




特に感想もなし。


f0201657_20424675.jpg




f0201657_20424663.jpg




この後、ちょっと遅いお昼は有名な「鼎泰豊本店」で小龍包など飲茶を食べた。

ここはめっちゃ美味かった! 

でもうんざりするほど混んでて、店の前の道路にも人が溢れてて予約なしだと2時間待ち。

予約していても30分以上待たされたし。

席に着いたと同時にすごいスピードで、料理が出て来る出て来る。

一つ食べ終わると待ってましたとばかりに下げられる。まるで早食い競争みたい。

当然写真なんて撮ってる場合じゃありません。

全部食べ終わると、次のグループが目の前で待ってるしで、やれやれ。

もっとゆっくり味わいたかった〜

「鼎泰豊」、日本にも何店かあるそうなので、そのうち行くつもり。





この後は九份へ。

こちらはジブリ「千と千尋の神隠し」のモデルとなった場所として有名です。


f0201657_20424778.jpg




お坊さんも来てるしね。日本人もわんさかいるアルよ。


f0201657_20424761.jpg





九份は、夕方からが良いそうです。

なので、ずらずら連なる店など冷やかしながらダラダラ歩きます(笑)










[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-03-04 19:17 | | Comments(4) *
ページトップ
The Original by Sun&Moon