月夜に笑う**れお**
beradesuyo.exblog.jp
シンプルに生きる
Top
カテゴリ:旅( 59 )
*
*
2016年 04月 08日 *
「故宮博物院」のミュージアムショップで買った、「鳳凰の複製画」純金99%


f0201657_17205008.jpg




皇帝の衣服にしか許されなかったという、「昇り竜」はシルク(絹)です。


f0201657_17205127.jpg




5本爪の龍が許されるのは、皇帝オンリーだったそーですよ。

ちなみに貴族が4本で、その他大勢は3本まで。













[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-04-08 17:20 | *
2016年 04月 08日 *
随分とご無沙汰してしまったけど

台湾もいよいよ最終日、明日は帰国なのだった(早っ!)

滞在中はずーーっと曇天&小雨の日々で、うんざり。

沖縄より南ということで半袖持参するも着る事適わず、楽しみにしていたかき氷も食べる気にならず、がっかりな台北。

雨男の義弟が憎たらしくなる。もうヤツとは旅行しないって密かに決めた。




さて、この日は終日フリーなので、午前中は問屋街で漢方薬やカラスミなどのショッピングを地味に楽しみ

午後は、その辺で飲茶など食べ台北駅から地下鉄でGo!


f0201657_16410207.jpg




チケットは、おもちゃのような丸いコインみたいなんでした。


f0201657_16410201.jpg




地下鉄乗ってはみたけれど、万国どこも同じかな?

乗っても降りても変わりなし。「行天宮」で降りました。


f0201657_16410237.jpg




相も変わらず、上空には重っ苦しい雲が禍々しくも広がるのであった・・・。

でもね、こちらは先日の「龍山寺」と違い人も少なくて、お参りスイスイ。

熱心に祈る善男善女に混じって、手を合わせて参りました。


f0201657_16410285.jpg




郷に入れば郷に従えの通り

あたしも一応女子なので、額を床に付けながら両手の平を上に向けて拝礼したのであります。

左側の神様から右側の神様、そして最後は中央の神様へ順番守って礼を尽くす大和撫子。

住所、氏名、年齢も忘れずに。神様も色々忙しいからね。


f0201657_16410380.jpg




おみくじは無料で、1本引くと、ずらっと並んだ坊さんが、ご親切にもそれぞれ解釈してくれるのでありますが、当方何を言われているのかさっぱり分からず。

とりあえず「末吉」と出たらしいことは確か。


f0201657_16410379.jpg




f0201657_16410327.jpg




以上、お天気のせいもあって、いまひとつ盛り上がりに欠ける台湾4白5日の旅でした。

つか、外国に来たって感じがしないのね。

だからかな、テンションついに上がらず終わっちゃったのでありました。残念!











[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-04-08 16:37 | *
2016年 03月 07日 *
淡水を後にして、車に乗り込むや否や大爆睡の私たち。

気がつけば、そこは九份でした。


f0201657_18120519.jpg




ここは元炭鉱で9戸の家があって、食料でも何でも9戸で分け合ったので「九份」と言うそうです。

今は押すな押すなの観光地。

まずは狭い狭い、人一人すれ違うのがやっとの狭い通路をどんどん下りて行きます。

通路の両側には小さな小さなお土産物屋さん、飲茶屋さん、お茶屋さんなどが隙間なく並んでいます。

呼び込みも激しくて、どうして日本人だと分かるのか不思議なんだけど、かなりの確率で日本語で呼び止められました。


f0201657_18120533.jpg




下りて下りて、はい、ここがメインの「阿妹茶楼」

ジブリ「千と千尋の神隠し」の舞台となったと言われる建物、湯屋です。

湯婆ばは、いません(笑)


f0201657_18120681.jpg




実際は湯屋ではなく、お茶屋さんです。

そして、日本人はほとんどここで捕まります(笑)


f0201657_18120686.jpg




私たちも例外ではなく、二階に案内されてお茶を飲みました。

お味は普通。別に飲まなくても良いけど、雰囲気を味わうのならいいかもしれません。


f0201657_18120645.jpg




こちらが「カオナシ」のモデルとなったお面だと言われています。

このお面は、ちょっと欲しいかも・・・


f0201657_18120734.jpg




お茶を飲んだら後は下るだけ。

下って下って、下から見上げる風景は、こんなもん。


f0201657_18120767.jpg





道の脇には、気持ちよさそうに眠る犬。私も眠い・・・


f0201657_18120797.jpg




ここが出口、「九份」でした。


f0201657_18120894.jpg




この後は市内へ戻り、「彭園湘采館」にて湖南料理を。

特筆するほどのことは、なし(残念!)

ここも美味しいんでしょうけど、何しろメニューを選ぶ余地がないので面白くないのです。

何度も言うけど、店はともかく、料理は自分の目とその時の胃袋と嗅覚で選んだ方が、旅は絶対楽しいと思う。

食事の後はホテルに戻り、夫から「絶対行け!」と言われていた足ツボマッサージへ行きました。

店名は「元気」

ホテルのすぐ裏にある良心的なお店です。

ものすごく、ものすご〜〜〜く、イタ気持ちよかった〜〜〜〜〜〜〜!

何しろ毎日1万歩以上歩いてるからね。

70分、ついウトウトしちゃったよ。

台北「元気」、ここはお勧め!

ホテルから予約を取ってもらうと、割引券がもらえます。













[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-03-07 18:09 | *
2016年 03月 04日 *
今回楽しみにしていたのが「故宮博物院」でした。


f0201657_20424308.jpg






死ぬまでに行きたいところ、バチカン、ローマ、ベネツィア、ルーブル、大英博物館、エルミタージュ美術館と、そして故宮博物院。

やっと一つ願いが叶いました。

私、中国の歴史は好きです。映画やドラマもそこそこ観ます。嫌悪するのは共産党。

韓国は元々が中国の属国であり、その歴史も近年作られたもので誇張や捏造が多いけど

4000年の歴史、文化は、さすがに本物です。

映画は「レッドクリフ」が大好き!

だから故宮博物院が楽しみでした。今回の旅のメインです。

蒋介石が大陸から逃げる時持って出た至宝の数々をじっくり見ようと、朝からハリキリマン。

大勢の観光客が押し寄せることは必至なので、月曜朝一でGO!

広い館内は、書画から太古の器、翡翠まで、よくまあこんなに持ち出せたものだと感心するほど多種多様。

残念だったのは、有名な「翡翠の白菜」が新しく出来た分院に出張中で見れなかったこと。

もう一つの残念だったのが「翡翠の豚肉」で、一緒に回った大陸から来たと思しき男の子がいつまでもそこから離れず

しかも親と間違われた私は、その子と一緒に追い立てられてしまったこと。

ちらっとしか見れなかったぜ(ちっ!)


f0201657_20424563.jpg




館内撮影禁止なので写真はないのですが、まあまあそこそこ堪能したのであります。

唯一ミュージアムショップで購入した「99.9%純金の鳳凰の画」と皇帝の衣服にのみ許された「シルクの昇り竜」が記念かな。

こちら、只今額装に出しておりますので出来上がりましたらアップしたいと思います。


f0201657_20424413.jpg




故宮博物院の後は、郊外に出て淡水へ。

こんな感じ。


f0201657_20424534.jpg




f0201657_20424649.jpg




特に感想もなし。


f0201657_20424675.jpg




f0201657_20424663.jpg




この後、ちょっと遅いお昼は有名な「鼎泰豊本店」で小龍包など飲茶を食べた。

ここはめっちゃ美味かった! 

でもうんざりするほど混んでて、店の前の道路にも人が溢れてて予約なしだと2時間待ち。

予約していても30分以上待たされたし。

席に着いたと同時にすごいスピードで、料理が出て来る出て来る。

一つ食べ終わると待ってましたとばかりに下げられる。まるで早食い競争みたい。

当然写真なんて撮ってる場合じゃありません。

全部食べ終わると、次のグループが目の前で待ってるしで、やれやれ。

もっとゆっくり味わいたかった〜

「鼎泰豊」、日本にも何店かあるそうなので、そのうち行くつもり。





この後は九份へ。

こちらはジブリ「千と千尋の神隠し」のモデルとなった場所として有名です。


f0201657_20424778.jpg




お坊さんも来てるしね。日本人もわんさかいるアルよ。


f0201657_20424761.jpg





九份は、夕方からが良いそうです。

なので、ずらずら連なる店など冷やかしながらダラダラ歩きます(笑)










[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-03-04 19:17 | *
2016年 02月 28日 *
さてさて、大混雑の「龍山寺」の後はいよいよお昼。

中国建築のクラシカルな美を留めている「圓山大飯店」で頂きます。

宮殿建築の代表でもある「圓山大飯店」には3つのレストランがあり、今回は「金龍レストラン」で広東式点心飲茶のランチ。

入り口にあるこちら全身黄金の龍は、100年の歴史を誇る「金龍レストラン」のシンボルとか。


f0201657_19314736.jpg




f0201657_19314740.jpg




飲茶は大根餅から始まって、5種類ほども出たでしょうか。


f0201657_19314836.jpg




美味しかったですよ。

美味しかったけど、とにかく料理の配膳が早くって、次から次へと運んでくるし、食べ終わるや否やさっさと片付けられちゃうしで、味わうどころじゃない感じ。

混んでるせいもあるのでしょうが、落ち着かないったらありゃしない。

なので、料理なんて全然覚えてなくて、唯一飲み放題のジャスミンティーがしみじみ美味しかったなあって、そんな話。

残念ながら今回も料理の画像はありません(とほほ)




ランチの後は「台北101」へ行きました。


f0201657_19314520.jpg




ここは「ブルジュ・ドバイ」が出来るまでは世界一の高さを誇るビルでした。

エレベーターの早さだけは、まだ世界一なんだそうです。


f0201657_19314516.jpg




登った感じは、「スカイツリー」と変わりなし。


f0201657_19314616.jpg




f0201657_19314652.jpg




ガイドの許さん。

35歳とは思えないほど初々しい好青年でした。

たどたどしい日本語ではあるけれど、独学で勉強したとのこと。

偉いねえ。


f0201657_19314650.jpg




特に感動もなく下に降りたらもう夕暮れ。


f0201657_19314658.jpg




f0201657_19314786.jpg




この後は老舗台湾料理店のひとつ「欣葉」でちょっと早目のお夕食。

有名店らしいですよ。

そして学んだ。

今回のランチといい夕食といい、やっぱりツアーに食事を組み込んじゃダメだね。

食べるものは人任せにせず自分達で調達しなくっちゃ。

昨年マウイへ行った時は、全部自分達で調べて予約入れて行ったもんだ。

美味しい食事は旅の醍醐味でもあるからね。



この後は許さんの案内で「士林夜市」へ繰り出したんだけど、ここも特筆するものはなし。

祭りの夜店がズラ〜っと並んでいる風景。

チャイナパワー溢れる場所ではあったけど、日本のおじさん、おばさん&婆さんはお呼びでないのである。

若い人なら楽しいんでしょうけどね。









[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-02-28 19:28 | *
2016年 02月 27日 *
2月20日から4泊5日で台湾は台北へ行って参りました。



実は私、今回はあまり乗り気ではありませんでした(中華圏が好きではないので)

妹夫婦からの再三のお誘いも何度かお断りしたのですがあまりのしつこさについに根負けしてお出掛けすることになった次第。

まあ、そこは台湾だし、親日だし、食べ物は美味しいし、蒋介石さんは嫌いじゃないし

ってことで人生初のアジア圏へGO!

羽田発12時45分発の全日空で約4時間。

機内食食べて、コーヒー飲んで、映画一本見たら到着って感じでした。

到着した松山空港は天気はどんより曇り、気温も日本と大差ない感じ。

もっと暖かいかと思ってたので、何となくがっかり。

今回のパーティーは義弟、妹、母、そして私の4名です。

滞在は中山地区にあるオークラ・プレステージ台北でした。


f0201657_16160069.jpg




メインストリートに面した大きなホテルです。


f0201657_16160052.jpg




お部屋は母と二人で1957

ホテル内は隅々までクリーンでスタッフ教育も行き届いており

日本式のおもてなしがそこかしこに生きています。

さすがニッポン!

滞在中大変気持ち良く快適に過ごすことが出来ました。


f0201657_16160179.jpg




初日は着いたのが夕方だったので、ホテル近く「青葉餐廳」で夜ご飯を食べて終わり。

写真はないのですが、滞在中食べた食事の中でたぶんこちらが一番美味しかったかも。

伝統的な台湾料理のお店ですが、かなり日本人好みだと思います。




そして翌日は観光に。

義弟をキャプテンに、全4名なので小回りがききどこへ行くにもフットワークが良いのです。

今回は高齢の母もいるので効率良く回るため、観光ガイドとワゴン車をレンタルしました。

ガイドさんはとても感じの良い、いい意味で一昔前の日本人青年のような許さんにお世話になりました。

まずは「中正紀念堂」から。


f0201657_16160109.jpg




台湾の父、蒋介石さんの記念堂です。


f0201657_16160167.jpg




私の中での好感度は70%くらい。

あの大嫌いな毛沢東の中国人民解放軍に負けなければ、今の中国はもっとずっとマシだっただろうし

もっと早くに近代化されていたことは間違いなく

日本との関係も良かったんじゃないかと思われます。


f0201657_16160261.jpg




二度の日本への留学と後の亡命と、日本とは深いご縁があったようですしね。

蒋介石さん、優しそうな、なかなかのイケジイですよ。

でも彼はずーーっと大陸へ、故郷へ帰りたかったそうですね。

ご遺体は西の方角を向いてお休みになっているそうです。


f0201657_16160202.jpg




こちらはお乗りになった車ですって。


f0201657_16160264.jpg




この後は、パワースポット「龍安寺」


f0201657_16160231.jpg




この日は旧暦のお正月ということで、押すな押すなのものすごい人出で身動きとれない状態。

チャイナパワーに揉みくちゃ圧倒されっぱなしで、とてもとても写真どころじゃありませんでした。

お参りするのが精一杯。


f0201657_16160352.jpg











[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-02-27 16:11 | *
2016年 02月 20日 *
f0201657_09034684.jpg



f0201657_09042668.jpg



f0201657_09322915.jpg



f0201657_09034681.jpg



f0201657_11022236.jpg











[PR]
by bera-sakuraebi | 2016-02-20 09:02 | *
2015年 09月 19日 *
イマイチ本調子じゃなかった前夜。

明日はリベンジだよ、と鼻息荒くベッドに潜ったのはいいのだけれど

残念ながら深夜の大雨に祟られて、敢え無く目が覚めちゃった・・・。

天井なしの梁が見えるお家って見栄えはいいけど、弱いね、音に。

リフォームしたら防音はしっかりね!・・・と決意した夜明け前なのでした(とほほ)

うつらうつらした早朝、ようやく雨も上がったので露天風呂に繰り出します。


f0201657_17471460.jpg




雨で洗われた新鮮な朝の空気と滴る緑に誘われて木道をテクテク。

誰も居ない、誰とも出会わない静寂の中、聞こえるのはただ鳥のさえずりのみ。


f0201657_17471401.jpg




「通り雨」に到着。


f0201657_17471552.jpg




f0201657_17471619.jpg




朝飯前のひとっ風呂。森の中の露天に沈んでみる、極楽なり。

お湯はね、本当にいいお湯なのね。

お肌にジワ〜ンと染み込んで体の芯まであったまる。

源泉掛け流し、加熱、加水なしなんだって。


f0201657_17471607.jpg




屋根も何もないこの露天、雨天時にはこの笠を被って入浴するらしい。


f0201657_17471767.jpg




滞在中全4つの貸切露天風呂に入って入って、もうヘトヘト。

お部屋の露天も入りまくったし、湯疲れしちゃってダルダル。


f0201657_17471622.jpg






この後腹ペコで朝食を頂いたのですが、これもちょっとねえ。



で、総括!

一生懸命なのは分かるけど、全てにおいて中途半端な感が否めない。残念な結果。

スタッフがみな若いということが裏目に出てる気がしました。

要約するとプロ不在。

アルバイトのお兄ちゃんお姉ちゃんたちの余裕なき、お・も・て・な・しに、湯疲れ以上に疲れちゃった一泊二日。

こっちが気を使っちゃったりしてな。

良かった点は殆ど人と会わなかったこと。

温泉と溶岩浴とアロママッサージも良かった。

このお宿、巷の評価は高いらしいのですが、これは好みの問題もあるのでね。

難しいところであります。

まあ、経験値が増えたと思うことにしましょうか。

自分たちの好みもはっきり分かったことだしね。

何事も学習、学習。

お疲れさまでした。










[PR]
by bera-sakuraebi | 2015-09-19 17:44 | *
2015年 09月 09日 *
旅の楽しみのひとつは、お食事です。

食べるの大好きな私たち、ダイニングにいそいそ向かいます。

熔岩浴で胃腸の調子もバッチリよん。

メニューはこちら。創作料理だそーですよ。


f0201657_19403095.jpg



まずは「名残の夏野菜と魚介のカルパッチョ」

まあまあ美味しい。野菜が美味しい。


f0201657_19403025.jpg



「和風クラムチャウダー」は普通に美味しくて

「大根と純和豚ロース柔らか煮」


f0201657_19403013.jpg



大根に出汁と豚の旨味が染み込んで旨いんだけど、肉の脂がねえ、ちょっとダメだったねえ。

もたれちゃったのでお残し(すまん)

次!

気を取り直して「温かいかぼちゃのフォンデュ」

トロトロスープ状にしたかぼちゃを温めながら


f0201657_19403139.jpg



野菜やウィンナー、エビなどを絡ませて頂くわけですが、これがびっくりするほど全く口に合わなくて!

申し訳ない!

残しました・・・。


f0201657_19403179.jpg



よし、口直し「蔵王梨のシャーベット」でさっぱり仕切り直し!

メインは「地場野菜の天ぷらと仙台牛ランプ肉ステーキ」と「地場野菜の天ぷらとアワビのステーキ」から

二人とも「アワビ」をチョイス。


f0201657_19403161.jpg



これも惨敗!(><)

天ぷらが重い!苦しい!

何よりもバターとアワビの肝が口に合わなくて合わなくて、どう頑張っても食べれない。

夫に半分以上手伝ってもらってもだめなものはダメ。

スタッフが心配するほど食べられませんでした(泣)

一番美味しかったのが〆のご飯だったりして・・・。

それでもやっと半分、私らしくもないと夫に笑われました。

デザートもほとんど夫に手伝ってもらっちゃって。

どうやら昼間の車酔いが後を引いたようです、残念無念!


f0201657_19403100.jpg



思ったこと。

創作料理は結構だけど、あれこれ弄り過ぎるのはどーなのかなあ。

年齢的にもバターとかチーズは重くって。ほどほどに、が良いようです。

素材を活かした料理が、私は好きです。

この後ひと休みしてから、再び熔岩浴に癒されたのでありました。


f0201657_19403244.jpg



蔵王は「竹泉荘」が、やっぱり良いと私は思ふ。










[PR]
by bera-sakuraebi | 2015-09-09 19:37 | *
2015年 09月 09日 *
今年の夏は、あれこれ色々あって何だか慌ただしく過ぎちゃって。

夫の夏休みも飛び飛びで休みらしい休みがなかったし。

この秋には大きなイベントが控えていて、来週は姪の結婚式もあって、しばらく忙しい日々が続きそうだし

ここはひとつのんびり温泉でも行きますかってゆーわけで先週末、蔵王へGO!


f0201657_16463700.jpg



噴火騒ぎもひと段落、再開通になったエコーラインでお釜へ向かったのはいいのですが・・・

ヘアピンカーブが延々と続くクネクネラインに敢え無く挫折! 

お昼に食べたピザでリバース寸前、気持ち悪いったらありゃしない。

あのマウイでの悪夢が蘇りました。あーヤダヤダ。

お釜は諦めてここでUターン!


f0201657_16463771.jpg



まあ、それはそれとして春に来て気に入っちゃったのは間違いないわけで。

蔵王の森、今回は遠刈田温泉「だいこんの花」へ宿泊してみました。

広大な土地、深い緑の中に18室、全室離れになっていてほとんど人に会わなくて

苦手なおばちゃん中居はいなくって(←ここポイント)

山荘風の鄙びた造りは、まるで田舎のばあちゃんちに来たみたいで落ち着きます。


f0201657_17061120.jpg



f0201657_17061151.jpg



f0201657_16463944.jpg



お部屋は「なずな」


f0201657_16463827.jpg



梁を露わにした高い天井と畳の回り廊下に書斎まで付いた静かで広いお部屋です。


f0201657_17061203.jpg



デッキには自家源泉かけ流しの露天風呂も付いてます。


f0201657_16463932.jpg



この日はお天気が今ひとつだったけど、雨に洗われた清々しい緑の中、秋の風に吹かれながら入るお湯は最高!

極楽極楽♪


f0201657_16463935.jpg



湯船の横にはこんな可愛らしいメッセージ


f0201657_16463897.jpg



虫も葉っぱも混浴だって(笑)


f0201657_17061264.jpg



お風呂上がりの夕食前は熔岩浴にトライ。

これがあなた、気持ちいいのなんのって!

岩盤浴とはまた違って背中にジワジワジワ〜と来るんですね。

胃とか腸とか動くのが分かるの、内臓系が喜びに咽ぶって感じ?

40分で1クールなんだけど、あまりの気持ちよさに食後もリトライしちゃったよ。

そうそう、熔岩浴はこんな可愛らしい建物の中にありまして、「どんぐりコテージ」って言うんだって。

絵本の中のお家みたいでしょ?

就寝前のアロマエステもこちらで予約済み。父ちゃんはお部屋マッサージを予約。


f0201657_17061225.jpg



エントランスのドアもメルヘンチック。


f0201657_17061344.jpg



入り口には「ご自由にどうぞ」のアイスキャンデイもありました。


f0201657_17061342.jpg



3本も食べたオヤジのことは、ナ・イ・ショ!(ぷぷ)


f0201657_17061320.jpg



お部屋の冷蔵庫もフリードリンクだし、まあ至れり尽くせりのサービスでございます。

熔岩浴の後は表のデッキでアイスを食べながらリスさんを待ったんだけど

この日はお出ましにはなりませんでした、残念!


f0201657_17061483.jpg



この後夕食へ続く・・・のですが。

うーん、創作料理ってどーなんだろ?










[PR]
by bera-sakuraebi | 2015-09-09 16:42 | *
ページトップ
The Original by Sun&Moon