月夜に笑う**れお**
beradesuyo.exblog.jp
シンプルに生きる
Top
カテゴリ:城下町( 9 )
*
*
2011年 07月 11日 *
行った時はイヤで帰りたくてたまらなかったのに

一年経ったらこんなに好きな町はないと思った。

f0201657_2012129.jpg


引っ越し間際、寸暇を惜しんでそぞろ歩く夜の七日町。

この日は公園の一角で若者たちのライブが開かれていました。

f0201657_2044685.jpg


一番前の席、揃ってリズムをとる高校生男子達が可愛かった。

f0201657_2061575.jpg


茶パツになんかするんじゃないよ。

男子の茶パツは軽く見えるからね?

と、おばちゃんは思うのであった。

f0201657_2074367.jpg


f0201657_2092388.jpg


f0201657_209583.jpg


さよなら会津若松。

f0201657_2011932.jpg


f0201657_20174260.jpg


f0201657_20183039.jpg


大好きでした。

ありがとう。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 主婦日記ブログへ







[PR]
2011年 05月 16日 *
ご無沙汰してます、お元気ですか?



毎日ジムと本にハマっていて気が付いたら5月半ば。

浦島太郎の気分です。

竜宮城は新しくなった図書館だったりします。

ジムの帰りとか、ちょっと一冊の気分で寄っていつの間にやら2~3時間。

バイトの原稿も書かせてもらったりして、すっかり根が生えちゃった。

でもって近くにお気に入りのラーメン屋さんがあったりなんかするので

閲覧室の席を確保したまま夫と待ち合わせて遅ラーしたりもしています。



遅まきながら気の置けない友達もちらほら出来て、ランチも楽しい♪♪

なんつーか、肌が合うのよねぇこの町。

自宅がある福島市にはほとんど友達がいないのに、不思議だわぁ。

アウェイとホームが入れ換わりそう^^;



その中の一人、ジム仲間のAさんがこんなのを作ってくれました。

f0201657_1118598.jpg


最近始めたばかりのフラダンスのパウスカートです。

ステキでしょ?

ワタシが着るとドスコイになりますけど(-"-)

f0201657_11204431.jpg


おそろですって。

妹以外の人とおそろなんて、初めてだわ。

ちょっと気恥ずかしい感じ(テレテレ)

お花の髪飾りまで手造りです。

カッパヘアに髪飾りなんて、オサレだべ?ぷ(* ̄w ̄*)


実はこのパウスカート、ネットでオーダーしてたんだけど

f0201657_11234342.jpg


ナ・イ・ショ(●´ノω`)

f0201657_11244123.jpg


お蔵入りにしました^^;


そんなフラダンス、大した運動量でもないだろうとなめてたのに、これが利く。

中腰でスローに動くので太もも、腰にかなり利く。

太極拳と通じるものがある感じ。


そんなわけでとても居心地のいい充実した日々を送っていたのでした。

陶芸教室のお友達とは何とか続けられる方法はないか

ない知恵絞り合いながらお茶してます(笑)




今日も来てくれてありがとう^0^





本日の値(通常=0.05μSv/h)

【5月16日 9:00現在:0.17μSv/h】







[PR]
2011年 04月 24日 *
たとえば

天災は今に始まったことじゃなく

千年万年太古の昔から襲いかかり奪い去り

争いは

そこにあった文化や人々の暮らしを焼き尽した。

平将門の時代から

攻められ略奪され続けてきた奥州は、いつの時代も理不尽な処遇に喘いできた。

f0201657_1736787.jpg


幕末から明治にかけて

裏切られ冷遇され続けたこの地の人たちは

その逆境をバネにして立ち上がり、その粘り強さで復興した。

その逞しい姿をこの古木たちは見て来たはずだ。

f0201657_1775677.jpg


f0201657_176564.jpg


かつて焼け野原となったこの町に当時の面影はない。

f0201657_1711984.jpg


何があっても桜咲く。

f0201657_1739819.jpg


築城当時の赤瓦に吹き替えられてこの春リニューアルした鶴ヶ城

f0201657_17215100.jpg


f0201657_17381727.jpg


今、満開の春を迎えている。

f0201657_1735385.jpg


f0201657_1742849.jpg


f0201657_175019.jpg


f0201657_1711665.jpg


心配された観光客の減少も杞憂に終わったようで、よかった。

f0201657_17424710.jpg


f0201657_17125383.jpg


人混みは苦手だけど

f0201657_17135012.jpg


それでも賑わいのない春は寂しい。

f0201657_17142434.jpg


人が居てこそ生きる風景もある。

f0201657_1716493.jpg


「ねえ、それ、美味しい?」  「うーん、まぁまぁ」

f0201657_17181931.jpg


人生の春

f0201657_1719471.jpg


「メアド、教えて?」  「・・・・・・・・」

f0201657_17201957.jpg


未来は君たちにかかってる、ワッショイ!

f0201657_17213447.jpg


ワッショイ、ワッショイ!

f0201657_17222392.jpg


f0201657_1724363.jpg


若さって、それだけで花やね?

f0201657_1725372.jpg






今日の値(通常=0.05μSv/h)

【4月24日 7:00現在:0.19μSv/h】







[PR]
2011年 04月 08日 *
幕末に悲劇の舞台となった会津若松では、先の大戦と言ったら「戊辰戦争」。

未だ引きずっているといふ噂(シツコイ)

素封家の間では「山口県、鹿児島県との縁組は断固許さん」という掟もあるやなしや?

ホントかよ?とか思いつつ

教科書の中でしか知らなかった史実が事実としてあったことに、ちょっと感動したりする。

面白い。



昨日市内の産直市場へ出かけたら、その敵地萩市から被災支援トラックが来ていました。

「ふぐ鍋」無料大盤振る舞い。

その横には



【戊辰戦争では大変ご迷惑をおかけしました】



って・・・




どっひゃ~Σ(・ω・ノ)ノ!




まぢでか!?



ツボ。

クツクツクツクツ・・・小さな笑いの泡が次から次へと沸いてくる、止まらない。

買い物中も家に帰ってからもクツクツクツクツ。

さざ波のような笑いが寄せては返し、いつまでも続く。

こゆジョークはかなり好き。



でもって今日、市長の元には

「敵からの情けは金輪際受け取るな。会津武士の誇りを汚すこと罷りならん」

という趣旨の激烈な抗議文が来たそーな。



ウケた。

久々に気持ちよく笑った気がする(コラ)




今日の値(通常=0.05μSv/h)

【4月8日 18:00現在:0.22μSv/h】







[PR]
2011年 02月 20日 *
ここのところポカポカ陽気が続いている蕎麦地方です(うれぴー♪♪)

今日は地元産「蕎麦祭り」の招待券を頂いたのでお出掛けしてみました(ウキウキ)

数店舗が一か所に集結しての食べ比べです。

が。

これがアナタ、おひとり様ザル3枚よ、3枚。

夫と二人で計6枚(ムリー)

しかもてんこ盛りの天婦羅付きですから( ̄■ ̄;



「食べて」

「いい」

「食べてっ!」

「ヤダっ!」

「食べてって言ってるでしょっ!」

「ヤダって言ってるでしょっ!」




小声で押し付け合って殴り合い寸前(プンプン)

残せばいいんだけど、そこがご招待の辛いとこ。

善意の視線を受けながら無理やり押し込みました。

もちろん頂きました、引きつったおほほな笑顔で(冷や汗タラタラ)

一枚だけギブアップしたけど(コッソリ隠して)

う゛~

気持ち悪~~(´Д`) =3

美味しかったけど、もういいや。

当分蕎麦と天婦羅は食べなくてよし。

早く消化しなくっちゃ!





ってことで食後は春探し、鶴ヶ城を散策してみた。

f0201657_15283577.jpg


残雪を頂いたお城は築城当時の赤瓦に換えてリニューアル。

f0201657_1530503.jpg


青空に映えてそれはそれは美しいのでした。

f0201657_1531542.jpg


桜の蕾も膨らみも、ほら、こんな(*^^*)

f0201657_15334225.jpg


空の色、風の匂い、土の感触、水の音

どれもこれもドキドキするほど春を孕んでワクワクしちゃう。

思わず夫の手を握る。

f0201657_16331783.jpg


寒い地方に住んでいると季節の移り変わりにとても敏感になるね。

f0201657_15363069.jpg






帰り道、ゴージャスなカフェでお茶もしてみた。

f0201657_15394230.jpg


重さドッシリ、重厚なケヤキの一枚ドアを入ると

f0201657_15381599.jpg


そこはゆったりとした大人のスペース。

地元の建築会社が趣味で建てた贅沢空間です。

f0201657_15405241.jpg


ケヤキの一枚板が見事だわぁ( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン

f0201657_15424910.jpg


どこもかしこも本物で、ス・テ・キ~♪♪

時を重ねたら磨きがかかってさらにいい感じになると思われます。

実は隠れ建材フェチだったりするσ(* ̄。 ̄*)

f0201657_15441181.jpg


壁は漆喰、天井は間接照明が目に優しくて

f0201657_1545384.jpg


テーブル&チェアはフランク・ロイド・ライトのコピーだって。

f0201657_15455490.jpg


圧巻は大理石のトイレ(画像なし)

f0201657_16322793.jpg


派手さはないけど重厚感たっぷりで、とても居心地のいいカフェでした(お値段も重厚)






春のぽちはこちら
   ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ



ナンでもほどほど




[PR]
2010年 10月 31日 *
チャリこいで買い物途中の寄り道

f0201657_19545179.jpg


f0201657_19553979.jpg


もちろん試飲も出来ます。

小原庄助さん気分でちょいと一杯(コラ)

f0201657_1956220.jpg


タイムスリップしたような建物は江戸年間の嘉永三年(1850)創業。

f0201657_19575845.jpg


f0201657_19582366.jpg


以来150年以上に及ぶ長きにわたって鬼瓦に守られている嘉永蔵には

酒の神様が棲んでいるそーな

f0201657_19584211.jpg


ありがたやありがたや。

f0201657_19585817.jpg


買い物ルート周辺には鬱蒼とした墓地、史跡などもあり

毎日が観光客気分です。



「買い物に行くと2時間は帰って来ない」

とは夫の弁(^^ゞ






この後昼寝を1時間半。




[PR]
2010年 10月 02日 *
秋は祭りの季節です。

とーーーっても楽しみにしていた「会津まつり」のメインは歴代藩公武者行列

昨年の殿は北村一樹の上杉景勝公でした



今年は豪雨のため中止( p_q)エ-ン

f0201657_18152272.jpg


ナンと行事始まって以来のハプニングだそーで

改めて日頃の行いの悪さを痛感した次第であります(--)/

f0201657_1816440.jpg


ちょっぴり寂しい夜祭り。




翌週は「新撰組まつり」

会津と新撰組の関係は深く、京の嫌われ者もここではヒーロー

f0201657_16474047.jpg


この地に眠る斎藤一忌

f0201657_17353236.jpg


写真に残る斎藤さんはスポック博士に似ています。

ナンとか流の剣舞も披露されました。

f0201657_1813265.jpg


f0201657_1845198.jpg


「新撰組愛好会」みたいなのが全国各地にあるそーで

それはそれは熱心なファンの方たちがいるそーな。

f0201657_18223144.jpg


ひと際目立ったのは、なりきり土方歳三君

f0201657_16373133.jpg


カメラ片手の歴女たち、ファンのみなさまから熱い視線を送られておりました。

f0201657_18205748.jpg


みなさまそれなりに盛りあがった様子で

f0201657_18232582.jpg


こちら地元のおじさま方

f0201657_18171378.jpg


f0201657_18252728.jpg









でもってワタクシが盛りあがったのは、こちら露天の「名物串カツ」。

f0201657_17121683.jpg


会津地鶏などを小さなひと口サイズのカツに揚げてます。

揚げたてを特製ソースにドボンと漬けて大きな口でパクつきます(ハフハフ)。

決してお上品に食べてはなりませぬ。

ソースが垂れます。





胃弱なお年頃なので、ほんの3本ほどですが

何か?




[PR]
2010年 07月 12日 *
一昨日から我が家に吹き荒れる小娘タイフーン。
振り回されて、あぁ大ふん(変)( ̄д ̄;

二日連続パパゴルフ、朝6時起きで飯炊きババア。
頭朦朧。

ちょっと用足しに出かけた街で突然迷子。
城下町のラビリンスに迷い込む。
一通、行き止まりが多過ぎて、気が付きゃ西軍(戊辰戦争)墓地だったり(怖!)

小娘連れて買い物中
「おかあさん、他所見しないでまっすぐ歩く」
腕を取られてババ扱い(荷物持ちには丁度いい)

夜は夜で親子三人ほうずき市後居酒屋はしご。
これはこれでラビリンス。
ちょっとした路地裏が面白かったりもする。



本日仕切り直しの月曜日。
今週は忙しいぞー!
[PR]
2010年 04月 22日 *
転勤してから、生活ががらっと変わりました。
何が一番変わったかってゆーと、まず夫との距離がぐっと近くなったこと。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!

今までは、出社したら夜帰宅するまで顔を見ることはなかったのに、今は朝ゆっくりPちゃんのお世話をして出社、昼帰宅一緒にランチ、夕方早々帰宅自宅飯ってな具合です。
夜の会合なんかも結構あるけど、それでも一度帰宅して車を置いてPちゃんのお世話をしてからお出かけします。
彼の生活は、すっかりPちゃん中心になりました。
そのPちゃんは、近頃お漏らし多発警報発令中。老化現象でしょーか?( ̄Д ̄;;

そんな会合に夫婦で出席、なんてのもあり、今夜はちょっとだけドレスアップして二人でお出かけしました(ボディスーツでしめまくり)。テーマは“夜桜を愛でる”。((
残念ながらまだ蕾だったけど、それでもライトアップされた桜は春を孕んで可憐な姿。
こないだ成人式を迎えた娘の姿に重なったりもして・・・(* ̄∇ ̄*)

でもって、その会で地元の会社の某会長さん(御歳88歳)の講演がありました。
そこで熱く語られたのは、会津藩士であり地元の名士である「山川健次郎氏」。
教育者であり物理学者でもある山川氏は、東京帝国大学総長、九州帝国大学総長、京都大学総長などを務め、日本の物理、科学に大きな影響を与えたんだそーです。
現在の日本のノーベル科学賞の種は、この人が播いたんだとか。
兄弟姉妹にも名だたる人が多く、ま、いわゆる地元の名家ってとこでしょーか。
他にも教科書に載ってるあの人この人、会津藩から輩出された有名人の名前がいっぱい。
血縁者までいたりして(*0*)

要するに「(戊辰)戦争に負けたのに、(明治)政府や教育界、その他各界にこれだけの人物を出してる我が藩」自慢。
戊辰戦争って第二次世界大戦の後だったっけ?
・・・と勘違いしそうなほどの熱弁は、語られるほどに面白くそれはそれは楽しい時間でした。
いいぞ会長、もっと聞かせて!(拍手)

「せっかく来たんだもの、こんなに歴史の濃い街を楽しまなきゃもったいない」

改めてそんな気持ちになった夜桜の会。幕末が、めちゃくちゃすんごく身近になった夜。
桜は散り際が美しい。そして潔い・・・。
女子も散り際間近が美しい・・・のだ。むふ( ̄w ̄)

地元会員の方は「長々といつもの話ですよ、お疲れさまでした」なんて言ってたけど、ノープロブレム(*^-°)v
これぞ生きた歴史だよ、君。教科書なんかより会長講和ですよ、お国自慢、ふるさと賛歌。

♪エンヤ~ 会津盆地は歴史の山よ~♪

これが郷土愛を育て、家族や友を想う心を育み、根っこをしっかり張れる人間を作るんじゃないかな、と思った次第であります。
ちなみに、会長は近いうちに本を出版される予定だそーです((o(^-^)o))わくわく




「ワタシ、熊本から嫁いで来たとき『薩摩じゃないから許す』って言われたのよ」

会食の時、笑って教えてくれたのは、とっても品のいいおばあちゃまでした(笑)
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon