月夜に笑う**れお**
beradesuyo.exblog.jp
シンプルに生きる
Top
五月の独房にて(岩井志麻子)
2009年 10月 18日 *
(あらすじ)
社員旅行で起きたレイプ事件をきっかけに、その加害男性と不倫関係に陥り、やがて妄執の虜となって男とその関係者を追い詰める主人公・彩子。物語は彩子の果てることのない肉欲と、おぞましいほどの自己顕示欲を柱に、殺害から遺体解体作業、さらにはあくまでも殺意を否認する裁判、懲役16年の獄中生活、そして社会復帰を果たしたその後までを綴る。嫉妬と妄想の果てに暴走する女の狂気と欲望を描ききった岩井作品の集大成。


んー、久しぶりに溺れました岩井ワールド。すげードロドロです。
物語は、主人公・彩子の独白で綴られます。フィクションではありますが、平成6年 福岡県で起きた美容師バラバラ殺人事件がベースと思われます。この事件は加害者、被害者とも女性という特異なケースが世間の注目を集め、マスコミにも大きく報道されたため、記憶に残っていました。

母との関係がうまくいかない彩子は、いわゆる田舎の優等生。
教師や周囲から「いい子」、「優秀な子」とレッテルを貼られた勘違いした女の子がそのまま大人になって、紆余曲折の末に殺人犯へ。プライドだけが異常に高く、勝気で負けず嫌いで、常に女王様でいたい人。
人間関係をうまく築けない人、彩子。
「自分は大した人間」だと思い込み、狭い世界で自分より劣る人たちの上に君臨したがる井の中の蛙。
逆に自分より上だと思う人には腰低く、媚びへつらうくせに。外の世界を知らないって怖い。

実際の事件の犯人も、勘違い甚だしく手記なんか発表しちゃってるし。
しかもしっかり顔写真付き。ここまで堂々としていると、いっそお見事。(悪趣味ともいふ)
居るんだねぇ、こゆ人って。内容は、自己の正当性主張と事件の歪曲に終始しているようですが。

そんな彩子、誰も悪口なんて言ってないし非難もしてないのに、尊大な自尊心ゆえに勝手に被害妄想を生み、妄想が妄想を呼び、ついに何の罪もない他人を口汚く罵らずにはいられない。
それをまた、世間に大して大っぴらに正々堂々と言ってしまうところが自称優等生。
常に「自分は正しい」の。
育ってきた環境と言ってしまえばそれまでだけど、嫌いぬいた母をそのままなぞったような人格が皮肉と言えば皮肉です。
その物語のクライマックスで、被害者美佳が彩子に言うセリフが痛快。胸がスッとしました(笑)。

「この際じゃから、いわしてもらうけどな。実家のお母さんやお姉さんにしても(省略)決して悪い人らぁじゃないで。(省略)それを彩子さんが勝手に敵にしてもしもうて、角や牙を振りたてて追い払うてしまう」

「自分は清らかな罪のない被害者と、疑いもせん。被害者は周りのみんなじゃで。それに彩子さんは、人につけられた傷じゃと恨んどるかもしれんけどな。自分で転がって、自分でつけた傷じゃで。自分から転がっといて、こんな怪我させられたと喚かれてもな。周りも、かなわんわ」


そして後半、かなりリアルに凄惨な場面に突入。内臓の臭いが立ち上る・・・。
血なまぐさいのが苦手な方はやめといた方がいいです。
ゾクゾク、ドロドロ、ドンと来い!・・・の方は、ぼっけぇ、きょうてぇ、ゆがんだ世界を堪能出来ます。
[PR]
by bera-sakuraebi | 2009-10-18 15:31 | | Comments(15) *
Commented by JOYママ at 2009-10-18 17:40 x
岩井志麻子ワールドですか?
ん〜〜〜、さくらえびさん若い!
体力ありますね、エネルギーガないと、この手の本って
読めませんよね
最近、体力・気力低下気味なので・・・
充電したら読んでみますが、こんな人って
結局性格異常者かな?
自分で性格ってなかなか修正できないでしょ?
将来も怖い気がしますね
Commented by はろ at 2009-10-18 22:29 x
岩井さん、「ぼっけぇきょうてぇ」しか読んだことがないのだけど…ご本人もなかなか強烈な生き方してるよね。こういう作風だっけ?実際の事件を扱って膨らませる手法は桐野夏生っぽいね。

>嫌いぬいた母をそのままなぞってしまったような人格
自分の嫌な所を体現してるから、苦しいほど憎むんだろうね~。わかる気がします。

人間の深~~い所をえぐるのが上手な女流作家が増えるのは嬉しいね。男の人とは違った視点があるし、読み手も共感できる。
一つ間違えば自分もそんな世界に生きていたかもしれない危うさが、ますます引き込まれるツボかも知れない。

最近、やっと時間が出来たから重厚な小説を読もうと思ってます。とりあえず今は「永遠の仔」(今頃かいっ・・・とか、言わないの♪姫ちゃんか!)後、学校の図書館にあったら「楽園」借りる予定。ああ、時間があるって素晴らしいね(笑)
Commented by プニプニ at 2009-10-19 07:29 x
おお!!
岩井さんの作品は何点か読みましたが、ドロドロすぎるほどドロドロなものも読みたいような。
でも夜読むと夢に出てくる???

ホント、実際の事件の犯人が堂々と出版してる。。。
こりゃビックリです。
しかも笑顔で・・・
ある意味、壊れてるんだね。

うーん、読みたいような怖いような揺れ動く乙女心。。。
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-19 10:06
★JOYママさん★

そーですね、この手の本は好みが分かれるところだと思います。
中途半端な気持では消耗してしまうかもしれません。
本、映画は嗜好品だと思いますので好きなものを楽しめばいいですよ。

この犯人は世間的にはいたって普通の人です。
むしろ、優等生で人の受けはかなりよかったみたい。
憧れの人でさえあったらしいですよ。
それがこれだもの。
人間なんて一皮剥いたらドロドロかもね。
でもよーく見たら透けて見えるかもしれません。
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-19 10:21
★はろ★

岩井さん、新しい境地を開きつつあるのかも。
面白かったよ、「五月~」
この人自身も素晴らしく破天荒な人生だよね(笑)
でも中村うさぎ同様、ちゃんと自分の破天荒を自覚してるから面白い。
世の中真面目で優秀な人ばかりじゃ、面白くないじゃん?
アタシ、昔から優等生とか学級委員長とか生徒会長とかって苦手なんだ。どーも胡散臭くてさ。
出来も悪いし・・・б(^^;

やっぱさぁ、人間表面だけをなぞってたんじゃ浅いよね?
キレイごとだけじゃ済まないのが人生だしさ。
深く掘り下げてみて初めて見えてくるものってあるし、そっちの方が大事だと思ったりする。

※長いので続きます・・・
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-19 10:21
※はろへ、続きです。

余談だけど、酒鬼薔薇の事件あるじゃん?
あの母親もやっぱりあるべくしてある母親みたいだよ。
検索かけてて偶然知ったんだけど、彼ら家族は今、この「美容師バラバラ~」の犯人の家の近くに住んでるんだって。
でもって当の母親は未だ息子の罪を認められず「あの子がこんなことをするなんて信じられない」と被害者面して堂々としてるって。
この母にしてこの子アリを体現してるような発言ですな。
普通に育てて犯罪犯す子供になるなんてあり得ないよ。
やっぱり子供の非行、犯罪には家庭や特に母親の存在が大きいと思う。
「ワタシは知りませんでした。親に罪はないでしょう?」はダメだよね?
彼女たち犯罪者の母親が自覚しなきゃ、息子は立ち直れないし何も始まらないよ。

「永遠の仔」、ワタシもまだ読んでない。
「楽園」は面白かったけど「模倣犯」は超えられないかな?
はろの感想を聞きたいです。
メール遅くなっててごめん!
今日はこれからフィットネスなので帰宅したら出すね(^^)
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-19 10:30
★プニプニさん★

夢に出てくる・・・かもよぉ(笑)
いやいや、そゆ感じの怖さではないので大丈夫と思います。
みなの憧れの的、優等生が徐々に壊れていく様が描かれていて背筋がヒヤリとしますが、自分的にはちょっとザマミロ的な部分もあったりして(笑)

実在の犯人、あの告白本のカバー、すごいでしょ?
まるで作家気取り。あの堂々振りはビックリです。
岩井さんの本の最後、彼女が壊れていく様が怖いのですが、この告白本を念頭に書いたんじゃないかと思いました。

気力体力、充実してるときにどーぞ!(^^)
Commented by 海子 at 2009-10-19 10:32 x
ココをチェックしてはすぐに反応 動く私です
かなり影響うけて生きてる今日この頃・・・
さっそく本屋に走りましょう
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-19 21:06
★海ちゃん★

ありがとうございます。
岩井ワールド、深いです。
お楽しみください、ダッシュ!(^^)

転んだらあかんでーーー!!
Commented by marine_32 at 2009-10-19 21:07
岩井志麻子さんって結構グロイ感じの本が多いんでしょ?
私は読んだことがないんだけど。
てか本読まない日常ですし(^^ゞ たまには読めよって話しですが
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

母のことが嫌いで、でもその母に似てる。似てくる。
ここだけちょっとわかる気がしました。
ほんのちょび~っとですよ(笑)
性格とか体系まで似ちゃうんですよね。やっぱり親子だもん。
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-19 22:38
★まりんさん★

そそ、岩井さんはドロドロ。
好みがはっきり分かれる作家です。
体力気力充実してないと引きずられるかも(笑)
今回の「五月~」は今までのとちょっと違う感じですが。
いい子ちゃんの主人公が徐々に壊れていくさま、特にラストが怖いです。

母親の影響って大きいですよね?
どんなに嫌っても遠ざけても離れられないのかな、って思いました。
ワタシは食べちゃいたいくらい母が好きなので同化したいけど(笑)
Commented by michirudesu at 2009-10-20 16:41
もとの美容師の事件をよく知らないものだから、
最初は独白の彼女の言うことを信じて読んでいって、
途中から「おやぁ??」となり、
世界がゆがんだような気にさせられたのでした。
血がドロドロの世界も怖いけれど、ゆがんだ精神の世界も怖い。

人によっていろんな倫理観があると思うけれど、
要は自分に都合が悪いことだけが『悪』という人、いるよなあ。
ああ~、謙虚でありたいものだ。。。。
Commented by ボケ茄子 at 2009-10-20 19:24 x
をを~、アタシ好みだな~Ψ(-◇-)Ψ
グロイのドロドロ、どんとこいであります(えばる事でもないが・笑)

人間の深い深いところを抉って突き付けてくる、それって中島みゆきの歌詞と何処か似てる。
「うらみ・ます」とか「傾斜」とか。
マイナーな気分の時に聞くとテキメンに地の底まで蹴落としてくれます(笑)
それが快感なアタシって…

何処か歪んでるんだわ、きっと(ぃゃ、絶対、だろ・自爆)
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-21 00:22
★湖知流さん★

どこかで聞いたよーな話だな、と思ってググってみたら、やっぱり美容師事件がベースでした。
でも岩井ワールド全開ですよ。
最初は普通の模範的な受刑者だった主人公が、徐々に壊れていく感じ。
最後の最後が怖いなぁと思いました。

うんうん、いるいる。
人に対してどんな感情を持とうがそれは仕方がないことだけど、それを押し付けたり押し通したりしちゃいけないね。
悪い感情は胸のうちに収めてやり過ごす、これが大人の常識だと思います。
Commented by bera-sakuraebi at 2009-10-21 00:29
★茄子★

岩井ワールド、グロイよー、ドロドロだよー(笑)
でも深淵をのぞかせてくれるから面白いよ、岩井さん。
本人も素晴らしく破天荒な人生歩いてるけどね。

あー、そだね。
中島みゆきに通じるものがあるかも。
いや、もっともっとエグイかな?
落ち込んでるとき、この人の本を読むと「いーじゃん!」って開き直れるのよね。
落ち込むときは徹底的に落ち込んだ方が這い上がるエネルギーに代わるような気がする(笑)
<< 那須へ ページトップ 松茸再び >>
The Original by Sun&Moon