月夜に笑う**れお**
beradesuyo.exblog.jp
シンプルに生きる
Top
2017年 05月 14日 *


小さな体で家中縦横無尽に走り回り

目につくあらゆるものを噛み尽くし

とうちゃんのスリッパ2足をゴミ箱送りにし

ただ今キッチンマット解体中




f0201657_11454901.jpg
(※画像は靴ベラ処刑中)




生後八ヶ月、歯がかゆいのは分かるけど

勘弁してくれと毎回思う。





なのにこの顔

この寝顔

お鼻の下から口元への黒い三角地帯がとても好き。

好き過ぎて毎日チュッチュしています(本犬迷惑)



f0201657_12473841.jpg




無防備な寝姿

いつまで見ていても飽きないんだな、これが



f0201657_12473926.jpg





お気に入りのマイベッドから



f0201657_12474058.jpg



先週、去勢手術を終えました

回復は順調。




とうちゃんのスリッパ3足目既に半殺し

かあちゃんのスリッパ行方不明
















[PR]
# by bera-sakuraebi | 2017-05-14 12:46 | れお *
2017年 05月 04日 *
久々にどっぷり絵画にハマりたい、文化はやっぱり都会よねえってことで

今年のGW前半は都内の美術館を回りました

絵画には一過言ある夫と、なぜか娘までおまけに付いて来て(ウルサイんだよ、これが、とほほ)

親子三人珍道中。

まず手始めは上野から、国立西洋美術館で「シャセリオー展」を鑑賞。

その足で東京都美術館にてブリューゲル「バベルの塔」を鑑賞しました。

夫待望「バベルの塔」は実物は意外と小さくて

それでもレンガや人や船舶や荷物など細部に渡りとてもリアルに緻密に描かれていて

「神様がこの塔の建設を邪魔したのは残念!」と思った(そこ?)





その後は巷で話題の銀座シックスをさらっと冷やかし街をぶらぶら(娘同伴はデンジャラスゾーン)

夜ご飯は銀座の片隅路地の奥

夫イチオシのスタンド割烹「しま田」で、大変美味しいお料理をお腹いっぱい頂きました。

父ちゃん、ごち!




f0201657_11142756.jpg




でもって翌日

娘がとてもとても行きたがっていた「ミュシャ展」へ

国立新美術館で開催中。

もちろんお目当は「スラブ抒情詩」

全20点をチェコ国外で展示するのは世界で初めてだそうです。

大きなものでは縦6メートル、横8メートルを超える巨大な作品群は

とにかくデカくて迫力で、混雑もそんなに苦にはなりませんでした。

入り口に展示されているのはあまりにも有名な「原故郷のスラブ民族」

青の風景が印象的な忘れられない一点です。

他民族の侵入者から身を隠すスラブ民族の祖先の怯えた眼差しがとても印象的でした。

しかも一部撮影可になっていて、ありがたやありがたや。



「スラブ民族の賛歌」

大き過ぎて下の方写らんわ



f0201657_11142443.jpg



ため息つきつつ「一枚欲しいねえ」と夢見る娘に

「こんなデカイ絵、どこに飾るねん!」と突っ込む母





ミュシャをたっぷり堪能した後は「草間彌生展」でほっこりにっこり。



f0201657_11142521.jpg


こちらもエントランスは撮影可



f0201657_11142551.jpg



カラフルで幼稚園の園庭に来たみたい(笑)

どちら様もスマホ片手にパシャパシャ!




f0201657_11142693.jpg



草間さんは楽しいねえ、さくらももこの絵みたいだよ。



f0201657_11142612.jpg



だけど、もちろん基礎はしっかりしていてデッサンも油もさすがでございました。


眼福眼福の2日間










[PR]
# by bera-sakuraebi | 2017-05-04 11:12 | お出かけ *
2017年 04月 23日 *
忙中 いささかの閑もなし、春はとかく忙しい。

ご無沙汰しております。

こないだ伊豆でお正月を迎えたと思ったら、逃げる2月に去る3月、気が付きゃ4月ももう終わり。

春先からこっち、実家、京都、仙台と、東奔西走とはまさにこのこと。



伏見の稲荷さん


f0201657_13005401.jpg



f0201657_13011895.jpg



御所紫宸殿(工事中)



f0201657_13021872.jpg



遠距離介護中でもあり、人生で二番目に忙しかったと思われる10年前ほどではないにしても

本当に忙しいことでした。

あの頃、娘の中高、受験期に仕事をしながらブログもマメに更新していた頃の自分の若さとバイタリティに

改めて感心したりしています(そこ?)






             夜、義弟ご両親との会食は「鳥彌三」で

          坂本龍馬が愛した鳥料理の店として有名だそうです。



f0201657_13035149.jpg



まさにこちら「鴨川の間」で頂きましたのは



f0201657_13050138.jpg



名物の「水炊き」

白濁したスープが大変美味しゅうございました。


              
f0201657_13042542.jpg



だけどここだけの話

一番美味しかったのは、レバーの煮付けとお手製の葛餅だったりする(小声で)

あまりの美味しさに、京都のお義父さんお義母さんの分まで平らげて

アルバイトのお兄ちゃん捕まえて根掘り葉掘りあれこれそれこれ

聴き倒した熟年姉妹だったのでした。





翌日は早朝から三十三間堂



f0201657_13031290.jpg



     春は名のみの風の寒さ、桜開花前だったこともあり観光客まばらな京都でした。



f0201657_13052325.jpg





そんなわけで、やっと人心地ついた今日この頃

時間の流れも緩やかに、愛息れおちゃんにまったり癒される毎日です(So happy)



f0201657_21131335.jpg



後ろ姿もいとをかし

伏見のコンコンさんと見間違うww



f0201657_21131588.jpg




この顔が哲学者の風貌と、母ちゃんはお気に入り。

悟りを開いた顔だとも。三十三間堂の末席に置いて頂いてもよろしいかも?




f0201657_21131488.jpg


忙しいからこそ、穏やかなひとときがありがたいのね。



f0201657_21131570.jpg





流水腐らず 忙人老いず

中学時代の担任の先生の一言が、しみじみ思い出される春でした。








[PR]
# by bera-sakuraebi | 2017-04-23 13:37 | お出かけ *
ページトップ
The Original by Sun&Moon